仙骨びらきΑΩ スペシャルオイル&オンラインレクチャー

       
 仙骨びらきΑΩ スペシャルオイル&オンラインレクチャー
ナビゲートby しまいゆみこ




仙骨びらきΑΩ スペシャルオイル&オンラインレクチャー
の配布を開始します!

仙骨びらきΑΩ の説明はこちらのアメブロの記事を参照ください。


仙骨びらきΑΩ オイル第2期の配布の説明はこちらのアメブロの記事を参照ください。


2018年2月に行ったワークショップはこちらよりご覧ください。


「仙骨びらきΑΩ(アルファオメガ)」とは

「仙骨びらき」は、しまいゆみこの長年に渡るレムリアンシードクリスタルとのワークや瞑想を通して受け取った(ダウンロードされた)オリジナルのワークです。
 かつて地球上に存在した感情や記憶、テクノロジーをも含む地球の叡智の記憶などを、わたしたちは遠い昔「いつか思い出す日がくるときのために」眠らせ、封印する決意をしました。そして長い眠りのなかで、忘却のヴェールに包まれてきました。

 「あなたはずっと護ってきました、いま、それを開くときがきたのです」というメッセージを2004年に受け取り、そこからスタートしたレムリアとの数々のワークを通してすこしずつ思い出された「鍵を解くための魔法」のようなもの、それが「仙骨びらきΑΩ(アルファオメガ)」なのです。

 仙骨のオメガポイントと、眉間(サードアイチャクラ)にあるアルファポイントの間にかつてあった道(回路)を再び開きます。
 オメガポイントには過去生、また家系的トラウマ的なものや古いパターン化してしまったものが溜まっており、古いパターンを無意識に繰り返してしまう、という傾向を作り出しています。女性性に関する封印はここに関連します。
 アルファポイントは、「高次のマインド」と関連しており、わたしたちの意識が2次元的なジャッジメントを超えて多次元的な知覚力を再び取り戻すことと関連します。
 オメガポイントとアルファポイントをつなげることは、かつて分離したうちなる女性性と男性性を統合させ、神聖なるインナーマリッジが起きることを意味します。わたしたちのなかで眠りについていた女神が目覚め、高次の男性である神官性にサポートされながら、世界に向けて存在を発信します。
 ひとりひとりのなかでそれが起きるとき、エネルギーがシフトし、その光は地球のグリッドシステムの一部になります。ですからこれは、ひとりひとりの自己実現を意図するものであると同時に、大きなパラダイムシフトの計画の一部として、目覚めるということでもあるのです。


「仙骨びらきΑΩ(アルファオメガ)スペシャルオイルについて
2012年に誕生した「仙骨びらき」は、2017年年末から2018年年始にかけての「レムリア100~ishi-tate project」を経て、大きく進化しました。
その大きな要素になったのが、このワークのために特化して誕生した「アルファオイル」と「オメガオイル」です。

 マウイの錬金術的精油蒸留士であるジャック・チャットマンによって「地球のリンビックシステム」との共振を保つオリジナルの手法によって蒸留された植物たちのマナを含んだ
何種類かのエッセンシャルオイルがベースであるキャリアオイルに溶け込んでいます。
キャリアオイル(ベースオイル)には、マウイ生まれマウイ育ちのククイ(ククイとはハワイ語で光を意味する、聖なる実です)からコールドプレスで採取されたククイナッツオイルを使用しています。
また、いくつかの植物のアンフルラージュエッセンスなどが組み合わされています。
そのオイルに、レムリアンシードクリスタルたち、神官レムリアンシードなどのクリスタルエネルギー、ハレアカラのレムリアの森などのエネルギーがチャージされています。

 このオイルが運ぶレムリアのエネルギーが「仙骨びらきの魔法」を実現可能にしています。

オンラインレクチャーでは、セルフで仙骨びらきを行う方法、お友達や家族、クライアントさんへ施す際の方法をお伝えしています。
オンラインレクチャーには「仙骨びらきスペシャルオイル アルファオイル、オメガオイルの各1本ずつ 計2本セット」が含まれます。
一度レクチャーを申し込まれた方のみ対象で、「アルファオイル・オメガオイルのセット」の販売もおこなっています。(フレッシュなマナを運ぶため、オイルは作り置きせず、予約制をとりいれた限定販売とさせていただいています。)


仙骨びらきΑΩ スペシャルオイル&オンラインレクチャーはこちらよりお申込ください。
仙骨びらきAΩオイルのみをご希望の方(受講済みの方対象です)はこちらよりお申込ください。


<


オーラソーマティーチャー しまいゆみこプロフィール



Shop ワークショップ セッション オーラソーマ クリスタル スタッフ Web Shop Hawaii 掲示板 ツアー


Nadia Space for Spiritual Beings.
Copyright (c) Nadia All rights reserved